妊娠の際にとても重要になる葉酸サプリ!期待できる効果を今すぐチェックしよう

妊娠と葉酸の関係

妊娠に必要な葉酸

妊娠時には胎児の正常な成長のためにも、葉酸が通常時より2倍近く必要になることはご存知でしたか?葉酸には細胞を作る働きがあり、胎児の成長には必要不可欠なのです。もし、葉酸が不足してしまうと、細胞が上手く作ることが出来ずに中枢神経と呼ばれる部分に影響を与えてしまいます。神経管閉鎖障害になる恐れもあり、様々なリスクを招いてしまう場合があります。このことから、妊娠時に葉酸の摂取がすすめられており、母子手帳にもその旨の記載があります。

葉酸サプリでの摂取が基本

妊娠時に欠かせない葉酸は、食事だけでなくてサプリからも摂取していくことが大切です。葉酸はほうれん草や緑茶など身近な食品に含まれていますが、熱に弱くて調理の際に失われてしまいます。また、身体への吸収率も低いため、食品から満足な量を取ることは難しいでしょう。そのため、モノグルタミン酸型の葉酸が使用されていて、約85%ほどの吸収率がある葉酸サプリを活用するのがおすすめです。

妊娠前から摂取しよう

葉酸サプリは出来るだけ妊娠前に摂取した方が良いと言われています。ですが、妊娠後から摂取しても遅いことはないので、安心してください。基本的には妊活中のときに葉酸サプリを摂取するのが理想的でしょう。なお、葉酸サプリは妊娠後期まで胎児の成長に関係して、母体の貧血予防などにも効果を発揮します。産後や授乳期についても、体力や子宮の回復などにも働きかけるので、出産が済んでも積極的に活用していきたいです。

妊活中や妊婦さんは注目!葉酸の優れた効果

着床をサポートする

葉酸は細胞分裂を助ける働きを持っています。受精卵を着床させるために必要な子宮内膜を整えてくれるでしょう。また、受精できたとしても着床しないと妊娠には至らないです。受精した卵子は細胞分裂を繰り返しているので、妊娠1週目が最も葉酸が必要になる時期です。

神経管閉鎖障害のリスクを減らす

胎児の先天性異常でもある神経管閉鎖障害は、脳や脊髄を作る神経管が塞がってしまう疾患になります。葉酸が不足してしまうと、発症の可能性が高まると言われています。この疾患を発症すると色々な障害のリスクがあるので、葉酸を十分に摂取して発症を防ぎましょう。

ダウン症のリスクを減らす

実は葉酸はDNAの合成にも深く関わっています。そのため、染色体異常が原因で発症してしまうダウン症も葉酸を摂取することによって、リスクを軽減する効果を持っているのが判明しています。胎児の疾患や病気をちゃんと防ぐためにも葉酸は欠かすことが出来ない栄養素でしょう。

流産の危機を回避する

妊娠中に葉酸が不足してしまうと、胎児に新鮮な血液を送ることが困難になるため、流産の危険性が上がります。妊娠中は胎児の分の血液も必要とするため、通常時よりも約2kgの血液が要ります。流産のリスクを減らすためにも葉酸サプリを摂取することが大事でしょう。

つわりを軽減してくれる

妊娠中につわりの症状で苦しんでしまう妊婦さんは多くいるでしょう。つわりは妊娠中に交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまうため、症状が発生しやすいと言われています。葉酸とビタミンB12を合わせて摂取することで、自律神経が整ってつわりの軽減に繋がりますよ。

葉酸サプリを摂取する際のよくある質問

他のサプリと組み合わせて服用していいの?

基本的に葉酸サプリは医薬品ではないので、他のサプリと併用は可能になっています。しかしながら、ちゃんと摂取方法を守って、安全に利用してください。何か異変が起こったらすぐに服用を中止して、病院に行きましょう。

葉酸サプリって年齢制限はあるんですか?

葉酸サプリは成人している方におすすめとなっています。妊活中や妊娠中、授乳中の方だけではなくて、食事のバランスが偏っている思っている方、健康面が心配な方も安心して摂取することが出来ますよ。

妊活中ですが、男性も飲んだ方が良いんですか?

確実に妊娠したいと思っている場合は、女性だけではなくて男性の方も摂取したほうがより効果に期待が持てるでしょう。男性が葉酸を摂取すると正常な精子を増加させる働きがあるので、積極的に摂取していきましょう。

アレルギー持ちでも飲むことはできますか?

体調や体質によって身体に合わないことがありますので、食品アレルギーの方や心配がある方は使用原材料などを必ず確認するようにしましょう。また、心配な場合はかかりつけ医に相談をしてみると良いですよ。

食事は普通に食べても問題ないですか?

過剰摂取が心配されるビタミンAやビタミンEなどの脂溶性ビタミンは食事でも摂取することを考慮して配合している葉酸サプリがほとんどです。そのため、食事はあまり気にせず通常食でも問題はありませんよ。